株の空売り失敗パターンとは?具体的な失敗パターンと回避方法について解説!

執筆者
プロフィール写真

紫垣英昭

昭和62年証券会社に入社し事業法人、金融法人、ディーラー経験
現在、延べ2万人近くの個人投資家に日本株の売買指導を行っている。
3年前より「全方位型トレード・システム」を提唱し、多くのプロトレーダーを育成。
著書3冊を出版、新聞、雑誌の執筆や講演も多数あり。
著書紹介

株の空売りは、相場の下落局面でも利益を出せる方法ですが、空売りの損失額は理論上では無限大であるためリスクが大きい投資手法です。

空売りで失敗して、全財産を失ってしまった個人投資家は少なくないため、特に投資初心者が空売りデビューする際には細心の注意を払う必要があります。

空売りの失敗を避けるためには、一にも二にも早めの損切りを心掛けることが最重要ですが、空売りに適さない銘柄選びを避けることも重要です。

そこで今回は、空売りの失敗を避ける方法や空売りで失敗しない銘柄選びの方法についてご紹介していきます。

この記事を読んで得られること
  • 株の空売りの投資方法についてわかる
  • 空売りの失敗を避ける方法についてわかる
  • 空売りで失敗しない銘柄選びの方法についてわかる

空売りの失敗パターンとは?

はじめに、空売りで大きな損失を出してしまった人がしがちな「失敗パターン」について押さえておきましょう。

「これ以上はもう上がらない」という思い込みでトレードしてしまう

投資初心者が空売りで大きな失敗をしてしまう初動のパターンとしては、目の前で大きな上昇となっている銘柄を見て、「そろそろ下がるだろう」「これ以上はもう上がらないだろう」と思い込んでしまい、その考えに心が支配されてしまうことが挙げられます。

そして、その考えはいつしか、「早く空売りしないと置いて行かれてしまう!」という焦りへと変わり、後から取り返しの付かない投資行動となって現れます。

「これ以上はもう上がらないだろう」と思い込んでしまえば、リスクヘッジのための損切りや資金管理について検討する余地はなくなってしまいます。

最悪の場合、信用取引枠を全て使って全力で空売りをしてしまう、含み損に耐えられず追加で空売りをする「ナンピン」をしてしまうなど、高確率で全財産を失ってしまうハイリスク行動に出てしまいかねません。

「これ以上はもう上がらないだろう」という予測が当たって、その場は何とかなったとしても、このような行動を何度も繰り返していたら、いつかは取り返しの付かない失敗に繋がってしまいます。

損切りできず追証が発生してしまう

空売りで失敗して全てを失ってしまった人に共通するのは、早めの損切りをしなかったことに尽きます。

具体的には、次のようなプロセスを経て空売りで破綻してしまうケースが多くなります。

・空売りした銘柄が大きく上昇して大きな含み損を抱えてしまう。

→含み損を確定することが抵抗となり損切りできない。「すぐに戻るだろう…」「空売りした値段まで戻ったら売ろう…」と安易に考えてしまう。

→空売りした銘柄がさらに大きく上昇して含み損が拡大する。

→含み損の数字を直視することにも抵抗が出てくる。「いつか戻るだろう…」「損切りなんて考えたくもない…」と損切りしないことを正当化する。

→空売りした銘柄がさらに上昇して、ついに追証が発生してしまう。

ある程度の含み損になった時点で間違いを認めて早めに損切りをすれば、傷は浅く、再びやり直すチャンスはいくらでもあります。

しかし、損失を確定する心理的負担から逃れるために損切りを先送りすることで、空売りで取り返しの付かない失敗になってしまうのです。

逆に言えば、早めの損切りさえ徹底できていれば、空売りで失敗して大きな損失を出してしまうリスクはほとんどありません。

「空売りすべきでない銘柄を空売りしてしまった」「思わず空売りで飛びついてしまった」なども空売りの失敗例ではありますが、早めに損切りさえしていれば本当の意味での失敗にはなりません。

損が小さい内に空売りの失敗を認めて早めの損切りを心掛ければ、それは失敗ではなく、長い目で見た場合には成功に繋がる失敗になるのです。

空売りの失敗例

空売りの失敗例について、具体的なチャートを使って見ていきましょう。

大きく下げている銘柄を空売りした場合(順張りでの失敗例)

既に大きく下げている銘柄について、「この銘柄はさらに下がっていくだろう」と順張り方向に予測して空売りしたものの、空売りした時点が底値となってしまうパターンについて見ていきましょう。

例えば、2020年3月のコロナショックでは多くの銘柄が下げましたが、その後、株式市場は“コロナ相場”となり大きく反発しました。

コロナショック時に空売りをして、その後のコロナ相場で踏み上げを喰らってしまった個人投資家は少なくありません。

次のチャートは、鉄鋼大手の【5401】日本製鉄の週足チャートとなります。

日本製鉄は、2020年2月に4,400億円もの巨額赤字を発表したことから、コロナショックでは特に大きな下落となりました。

【5401】日本製鉄の週足チャート

上図は日本製鉄の2020年4月20日時点の株価チャートとなります。

安値を更新しており、さらに大きく下げてもおかしくなさそうです。

この時点で空売りをしていた場合、日本製鉄の株価がどうなっていたのかを見てみましょう。

【5401】日本製鉄の週足チャート

日本製鉄の株価は2020年4月に安値を付けましたが、その後は大きく反発していきました。

仮に、2020年4月に「さらに下がっていくだろう」と考えて空売りしていたら、早めに損切りをしなければ大きな損失となっていたことになります。

大きく上げている銘柄を空売りした場合(逆張りでの失敗例)

大きく上昇している銘柄を見て、「さすがに、もうこれ以上は上がらないだろう。(これから下がるだろう)」と思い込んで逆張りの空売りを仕掛けて失敗してしまうパターンについて見ていきましょう。

当然、いつまでも上昇し続ける銘柄はなく、急騰銘柄もいつかは下落に転じます。

急騰からの暴落を空売りで取れれば、大きな利益になることが期待できます。

とはいえ、急騰銘柄はリターンも大きい反面、リスクも大きいことに注意が必要です。

次のチャートは、2020年にデジタルトランスフォーメーション関連銘柄として大きく買われた【3788】GMOグローバルサイン・ホールディングスの株価です。

2020年に最も強かった銘柄の一つでした。

【3788】GMOグローバルサイン・ホールディングスの週足チャート

GMOグローバルサイン・ホールディングスの株価は急騰を続け、2020年6月時点でコロナショックの底値から5倍以上となっていました。

ここで「上ヒゲも出ているし、さすがにそろそろ下げるだろう」と考えて空売りをしていたらどうなっていたでしょうか?

【3788】GMOグローバルサイン・ホールディングスの週足チャート

GMOグローバルサイン・ホールディングスの株価は、その後も上昇し続け、仮にチャート内の赤丸で囲ったポイントで空売りをしていたら、かなりの損失になっていたことでしょう。

急騰銘柄がどこまで上がるのかは誰にも分からず、さらに急騰する「オーバーシュート」することも少なくありません。

なお、このケースでも、早めの損切りが重要でした。

2020年10月以降は大きく下げており、損切りで資金を守っていれば、このようなチャンスを掴むことも可能となっていました。

突然のニュースが発表されて暴騰した場合

空売りの失敗を避けるには、一にも二にも早めの損切りを心掛けることが重要です。

とはいえ、偶然にも、空売りしていた銘柄に突然のニュースが発表されてしまい、損切りできない事態に陥ることもなくはありません。

製薬大手の【4523】エーザイは、2020年6月、アメリカでアルツハイマー治療薬がアメリカ食品医薬品局(FDA)から画期的治療薬の指定を受けたと発表して急騰しました。

【4523】エーザイの日足チャート

ニュース発表後2日間は価格が付かずのストップ高となっており、エーザイ株を空売りしていた場合には、損切りをしようにもできませんでした。

もしも、このような不測のニュースに巻き込まれてしまった場合は、少しでもダメージを小さくするためにも、交通事故のようなものと諦めて、すぐに損切りする以外にありません。

万一にも、このような事態に巻き込まれてしまった場合に備えておくためにも、ある銘柄の空売りだけに全資金を注がない資金管理をしておくことが重要です。

空売りの失敗を避ける方法

空売りの失敗を避ける方法についてまとめておきましょう。

傷が深くならない内に早めの損切りを心掛ける

空売りの失敗を避ける最重要ポイントは、傷が深くならない内に早めの損切りを心掛けることに尽きます。

株式投資においては、全財産を一発で失ってしまうような失敗でない限り、失敗とは言えません。

どれだけ腕のいいトレーダーであっても、空売りした銘柄の全てを利益にすることは不可能だからです。

重要なことは、空売りで失敗したら早めの損切りをして傷を小さくし、次のチャンスにまた空売りを仕掛けていくことです。

空売りの損切りは断じて失敗ではなく、次のチャンスを切り開くための重要な決断に他ならないのです。

最悪の展開になったとしても全財産を失わない資金管理をする

損切りの徹底を心掛けていたとしても、空売りしていた銘柄が突然のニュース発表で値付かずのストップ高になってしまうケースも確率0%ではありません。

交通事故のようなもので、ほとんどないことではありますが、しっかりと備えておく必要があります。

このような展開になってしまったとしても、全財産を失わないような資金管理を心掛けることが重要です。

つまり、特定の1銘柄に全資金を注ぐような空売りはしないようにしましょう。

なお、信用取引の枠をフル活用して、自己資金以上の空売りをいきなり仕掛けてしまうことが論外なのは言うまでもありません。

空売りで失敗しやすい銘柄とは?

空売りで失敗しやすい銘柄の特徴を押さえておきましょう。

急激な上昇トレンドが続いている銘柄

急激な上昇が続いている銘柄は、反転後の暴落を狙うことで、空売りで大きなリターンを取れる可能性がある反面、さらにオーバーシュートしていくリスクも高くなっています。

次のチャートは、バイオマス発電を手掛けており、再生可能エネルギーや脱炭素で注目されている【9517】イーレックスの週足チャートとなります。

【9517】イーレックスの週足チャート

イーレックスの株価は、この1年間で3倍ほどに急騰しており、いつ下落に転じてもおかしくなさそうです。

しかし、現在進行形で急騰中であり、空売りを仕掛けた投資家は全員が含み損となっている状況です。

すぐに損切りができれば問題ありませんが、下手に急騰銘柄の空売りに手を出してしまうのはリスクがある行為だと認識しておくようにしましょう。

一方的に売られ過ぎている銘柄

一方的に売られ過ぎている銘柄を空売りする場合にも、大きな失敗に繋がるリスクがあります。

次の株価チャートは、ステーキチェーン「いきなりステーキ!」を展開する【3053】ペッパーフードサービスの週足チャートとなります。

【3053】ペッパーフードサービスの週足チャート

「いきなりステーキ!」は、2018年頃には大ブームとなっていましたが、以後は経営不振による閉店ラッシュが続いており、株価も暴落状態となっていました。

とはいえ、ペッパーフードサービスの株価は、2020年後半から反発していることが分かります。

売られ過ぎて500円以下の低位株になった銘柄は、投機的な目的でも急騰しやすいことから、空売りをするのはリスクが高いと言わざるを得ません。

信用倍率が低い銘柄、逆日歩銘柄、流動性が小さい銘柄など

この他、信用倍率が低い銘柄や逆日歩銘柄、流動性が小さい銘柄なども空売りする場合には注意が必要です。

それぞれ簡単に見ていきましょう。

・信用倍率が低い銘柄

信用倍率とは、ある銘柄について、信用買いと信用売り(空売り)の比率のことです。

空売り比率が高ければ高いほど信用倍率は小さくなります。

信用倍率が1を下回っていれば空売りの方が多く、1を上回っていれば信用買いの方が多いことを示します。

信用倍率が低い銘柄は、空売りが多くなっており、将来的に空売りが決済されることによる買い圧力が強まっている状況です。

・逆日歩銘柄

逆日歩とは、信用売りが殺到している状況で、証券会社が保有する株がなくなってしまった場合に、証券金融会社から空売り用の株を調達する際に発生する手数料のことです。

逆日歩の手数料が高額になっている銘柄を空売りすると、それだけで大きなコストになってしまう場合が少なくありません。

逆日歩は、株主優待目的で現物買いと信用売りを組み合わせる「クロス取引」が殺到する銘柄で起こりやすくなっているため注意しておきましょう。

・流動性が小さい銘柄

売買代金や出来高が小さく流動性が小さい銘柄は、空売り後に上昇してしまったときに損切りをして逃げられなくなる流動性リスクを抱えます。

空売りをする場合には、出来高・時価総額が多い、流動性がある銘柄を選ぶようにしましょう。

まとめ

今回は、空売りの典型的な失敗パターンについて解説した上で、空売りの失敗を避ける方法や空売りで失敗しない銘柄選びの方法についてご紹介してきました。

空売りは下落局面で利益を出しやすい一方、空売りの損失額は理論上無限であることから、損切りや資金管理をしっかり行うことは必須となります。

空売りで失敗してしまう典型的なパターンは、一にも二にも損切りが遅れてしまうことです。

逆に言えば、損切りと資金管理さえ徹底していれば、空売りで大きな失敗をしてしまうことはありません。

また、空売りの銘柄選びとしては、急激な上昇トレンドが続いている銘柄や一方的に売られ過ぎている銘柄、信用倍率が低い銘柄、逆日歩が発生している銘柄、流動性が小さい銘柄などを避けることも重要です。

紫垣 英昭